家族葬に参列をした時に困ったこと

PR|城東での家族葬なら

親族の家族葬に参列をした時、今までの葬儀とはちょっと違っていたので、困ったことがありました。

一般葬しか経験をしたことがなかったので、勝手が違います。

親族控室に参列をする人、全員が待機をしていたのですが、葬儀会社の人が全て手配をしてくれるので、何もすることがありませんでした。

地域によっても違うと思いますが、住んでいるところでは一般葬の際には親族がお茶などを用意しなければいけません。

一般の参列者に対して配慮をしなければいけない点も多いので、動いていることが多かったのです。

それが家族葬になると当然参列者も少ないので、対応をすることもありません。

全て業者に任せてしまうことに対して、どうしたらいいのか分かりませんでした。

結局何もしないまま、ただ葬儀が開始される時間まで待っているしかないのです。

また親族なので香典も出さなければいけませんが、一般葬と家族葬では金額にも差があるようで、いくらぐらい出すのがいいのか分からず、インターネットで調べて金額を決めました。

まず身内だけということもあり、堅苦しくなかったです。喪服も冬で寒い時期ということで、きちんとしたものでなく黒い服装でも大丈夫ということになり通常よりラフな感じでした。

一番思ったのが他の葬儀と比べるわけではないのですが、顔見知りである身内ということもあり気持ち的に少し安心してやることが出来たように思います。身内でも皆さんそれぞれいろんな地域に住んでます。お葬式となるといろいろやることがあって、とまりがけになりがちだと思います。しかし家族葬の場合、あわただしいこともありますが人数が少ない分短時間ですますことが可能でした。

そのため、遠方からきてくれた身内の方でもとまることなく、日帰りで帰ることが出来たのです。いくら身内とはいえ、やはり自分の家が一番落ち着きます。1日で葬儀をおえることができるので、何回も足を運ぶことがなくすませることができるのが利点のようにも思います。

PR|お家の見直ししま専科|GetMoney|家計見直しクラブ|生命保険の選び方|心の童話|内職 アルバイト|工務店向け集客ノウハウ|生命保険の口コミ.COM|マッサージのリアル口コミ.com|住宅リフォーム総合情報|ショッピングカート|英語上達の秘訣|女性向けエステ.com|健康マニアによる無病ライフ|貯蓄|オーディオ|